ミノキシジルと言えばAGA(男性型脱毛症)の治療に使用される薬の成分。しかし薄毛や脱毛に悩んでいるのは男性だけではありません。薄毛・脱毛対策にミノキシジルを使用したい女性のためのサイトです。

ドライヤーの仕方が脱毛原因?!

薄毛の悩みに効果があるとされるミノキシジルですが、これは、元々は血管の拡張をし、血圧を下げる効果のある薬として使用されていました。
その作用を活かして薄毛になってしまう原因の一つが、頭皮の血行不良であるとされているので、このミノキシジルを用いて血行を促進させ、育毛や発毛促進を目指せるようになったわけです。

薄毛になるのには、色々な原因が考えられますが、ドライヤーの時に余分な髪まで抜けてしまうこともその一つです。
シャンプー前にブラッシングすることで、余分な髪まで抜けないように出来ます。
抜けそうな髪が自然に落ちるばかりではなく、シャンプーする時に泡立ちが良くなり、ドライヤーをする時にも大量に抜けるのを防げます。

ドライヤーで乾かす際にも、まずはタオルでしっかり水分を取ってから乾かしましょう。
まだ、水分が落ちるような状態で乾かそうとすれば、ドライヤーを使う時間が長くなるのでそれだけ髪や頭皮にもダメージを与えることになります。

ダメージが軽減されるようにするには、ドライヤーの仕方で注意をすることを続けて行けば、抜け毛も減りますしツヤツヤの髪になります。
シャンプー前にブラッシングの刺激を与えることで、頭皮の血流も増えて来ますので根本からの薄毛予防にも役立ちます。

ミノキシジルを始めている人でも、ドライヤーの仕方を注意しておくことも大いに予防に役立ちますので、毎回シャンプーをする際には上記のポイントを意識した上で行ってみるようにしてみましょう。
よりミノキシジルの効果を体感できるためにも、予防的なポイントを抑えて髪を乾かす習慣をつけるようにすることが大事です。
デリケートな髪ですので、出来るだけダメージを与えない工夫を行ってみましょう。